名豊タイヤサービス株式会社小牧岩崎店 アライメントをはじめとする最新鋭のピットと綺麗で落ち着く店内でワンランク上のタイヤのおもてなし。
トップページタイヤについて > 雨を意識したタイヤ選び
全日本交通安全協会(同協会発行「交通の教則」)によれば、1時間あたりの事故件数は、晴天時と比較すると「雨の日は約5倍」になるそうです。雨の日は、空が雲に覆われているため、いつもより視界が悪くなります。さらに、雨に濡れた道路はタイヤが滑りやすく、ブレーキは効きにくくなります。大きくこの2つの要因が、雨の日のドライブを危険にしているのです。雨の日は、路面とタイヤの間に水膜ができるため、タイヤは滑りやすくなります。ブレーキを踏んで停止するまでの距離、つまり制動距離が必要になるわけです。
すり減ったタイヤで走行すると大変危険です!特に雨の日の高速道路などでは路面との間の水をかき出す力(排水性能)が低くなりタイヤが水の上に浮いてハンドルやブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」が発生しやすくなります。
当店ではタイヤ安全点検を実施しております。地域密着型タイヤ専門店として、皆様に愛される店舗づくりを目指しております。タイヤについての些細な疑問や不安はお気軽にご相談、またはお立ち寄りください!
ニコレン
BS(ブリジストン)
GY(グッドイヤー)
DL(ダンロップ)
YH(ヨコハマタイヤ)
TY(トーヨータイヤ)
WORK
SSR
RAYS
公式Facebook
公式ameblo
お問い合わせ
個人情報保護方針